2010年05月10日

京都 旧山陰街道の宿場町遺産

阪急桂駅から線路沿いのわき道に沿って南へ100メートル進むと、川島踏切があります。
この付近には川島○○町と川島が付く地名が数多くあります。
電車の線路を越えて西に延びる旧山陰街道沿いを進むと、川島町のバス停があります。
この付近には山陰道の脇に小川が流れ、古い民家との組み合わせが一瞬美しい眺めです。
ただし、一瞬です。京都の街中に比べ町並保存とか、町並再生が盛んではないようですが、それはそれで生活感があってよいでしょう。
k001.JPG


付近の地図へのリンク

旧道らしく、道沿いには軒先に自家栽培した野菜を売る農家があります。
k002.JPG

古い喫茶店もあります。私が京都に住み始めた30年前からここにこうしてあります。
個人タクシーが店先の駐車場に何台も停まっているので、タクシードライバーの休憩の店なのでしょうか。
k003.JPG

樫原(かたぎがら)は旧山陰道と物集女街道(もずめかいどう)の交差点付近です。
物集女(もずめ)とは昔このあたりに「もず」一族が住み、勢力を持っていたことに由来しているようです。
阪急桂駅南の川島踏切から西へ500メートル行ったところがこの街道と交わる場所です。
この交差点を西側に渡ったあたりから、古い民家が道沿いに並び始め、地元の町並み保存地区になっていますので、ひとつひとつは小さいのですが見物のメッカとなる場所です。
k004.JPG

樫原(かたぎはら)交差点から西へ300メートルの区間の道端に、由緒を書いた看板が多数かかっています。
これを見て廻るだけで、この300メートルを歩くために30分かかるでしょう。

大昔、ここで事件があったらしい。
k005.jpg

明治初期までは樫原には豪商が何件もあったらしい。
k006.jpg
k007.jpg

辻のお地蔵さん。
k008.jpg

郷蔵。昔のこのあたりの繁栄の名残です。
k009.jpg

ばったり桟敷。折りたたみ式の縁側です。
これは京都の古い町並みにはかなり残っています。
k010.jpg

以前は無かったのですが、最近はこのように古民家を改装した喫茶店もできました。
k011.JPG

物集女街道交差点から緩やかな旧山陰街道の坂を500メートルほど行くと、
道は左に大きくカーブします。このあたりで樫原も終点。
今の旧道は左に曲がっていますが、
更に古い旧道は、写真の真ん中あたりから急坂になって直進しています。20年程前はひどく寂れた道でしたが、しかしもう再開発されています。
k012.JPG

ここには石碑と樫原の案内板があります。
k013.JPG
k014.JPG

タグ:京都 歴史 散歩

SponsoredLink

posted by 春之助観光舎 at 14:54| Comment(2) | 桂駅界隈 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桂駅近くに住み始めて半年になります。阪急沿線なので、都会的でおしゃれなイメージを持っていたのですが、住み始めてから何と鄙びた所なんだろうと思い、カルチャーショックを受けていました。しかし、山陰街道とかを自転車でぶらぶらすると、桂の本来持つ魅力が見えてきたような気がします。東山のいかにも観光地というのではなく、生活感あふれる(特に阪急踏切から樫原交差点)旧街道はぜひ他の人にもお勧めしたいです。
Posted by こう at 2010年09月07日 00:12
こう さん、
コメントありがとうございます。
確かに阪急桂駅周辺は鄙びた所ですねえ。
私は洛西内で引越しを3回しまして、通算30年近く住んでいますが、それでもけっこう駅の近くも、もっと山の方もにぎやかになりました。
でも確かに旧山陰街道の樫原周辺は、生きた博物館のようで、ここだけはいつまでもこのまんまでいて欲しいと思ってしまいます。
Posted by harunosuke at 2010年09月10日 17:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。