2012年05月08日

京都 洛西 歴史の山道 唐櫃越(からとごえ)横の峰ヶ堂跡

京都は度重なる戦火によって消失した寺が数多くあります。
唐櫃越(からとごえ)と呼ばれるいにしえの山陰街道の京都側入口近くにある峰ヶ堂跡もそのひとつです。
そこへ分け入ってみました。

この峰ヶ堂は、ネットをググった情報によると、この地に有った法華山寺という山寺であったそうです。位置は全国的に有名な「苔寺」から2キロメートルちょっとのところ。今は低山トレッキングコースとなっている道のすぐ横です。

苔寺付近からもアプローチ可能ですが、この日は峰ヶ堂跡に一番近い、京都市バスの西6系統の「東桂坂」バス停から歩いて行きました。このバスは阪急桂駅西口から出ています。
写真のバス停が「東桂坂」。赤いポストが見えるところに左へ向う道があります。ここから山側に向って行きます。
mine12050801.JPG

道は住宅街の中の生活道路を抜け、街路樹がある石畳の歩道を抜けると、坂道を下る道があるのに気づくはずです。
mine12050802.JPG

住宅街から一気に山の中に入るような、序々に変化するのではなくて、急に辺りが竹やぶの中になる道です。これを下って行きます。
mine12050803.JPG

住宅街の道が穏やかなほのぼのとした雰囲気なのに、山道に入ると急に山賊が出そうな雰囲気になりますが、ここは東海自然歩道になっている環境省お隅付きの道です。だけどちょっと寂しい感じがします。
mine12050804.JPG

竹藪の中の一本道で、風に竹がギギギギギーなどと音をたてる、風情ある道です。心配性の人はとってもスリルを感じることができます。
mine12050805.JPG

やや進むと、苔寺2.1Kmという立て札があります。
この立て札の横に、細い上り坂の小道がありますから、ここを登って行きます。
mine12050806.JPG

登ること3分くらい。辺りは急に開けたところに出てまいります。
この周辺は京都大学の演習林になっているらしく、林業研究実行中の「何だかよく分からない人工物」が点在しています。
mine12050807.JPG

害虫の燻蒸中につき・・・みたいな張り紙のシートに包まれた切断した木がありましたが、ほんとに何だか分かりません。そういうものが点在している開けた無人の場所は、異様なムードに包まれて、心配性の人の背筋を冷たくしてくれます。
mine12050808.JPG

その広場の片隅に着きました。ここが昔々、ネット情報によると16世紀半ばまでここに有った峰ヶ堂の跡です。っと言ってもそれらしいものは何も見つかりません。
mine12050809.JPG

探せば痕跡は見つかるようですが、ヘンなモノが意識を邪魔して見つけられません。
たとえばコレです。
コレはいったい何でしょう?写真中央の単に竹が積んで、あるいは立てかけてあるようなところです。
mine12050810.JPG

これは何と!お便所なのです。
入口には「空いてます」みたいな札がかかっていました。
写真ではよく分からないけど、ここがお便所への入口です。とても個性的なお便所です。
mine12050811.JPG

その他にこんなテントのような物件もあります。ここも京都大学の施設ということになるのでしょうか?まったく分かりません。
mine12050812.JPG

この峰ヶ堂跡はその後に峰ヶ城という戦国城が一度建設されたそうです。
今は何も分かりません。まったく分からないことだらけです。
すぐ近くを歴史街道の唐櫃越が通っています。写真の奥のほうに左右に道らしきものが分かるでしょうか?あの道を右に行けば阪急上桂駅方面に行けます。左に延々と向えば亀岡市の馬堀駅近辺まで通じています。
mine12050813.JPG

唐櫃越の道は東海自然歩道とちょっと違って、山道らしいです。
mine12050814.JPG

道の脇にはこのように西武グループのシンボルマークが入った目印があります。
mine12050815.JPG

それにしても、峰ヶ堂跡の痕跡は何か無いものかと、辺りを探したら・・・
こんな謎の丸い池を唐櫃越の道のすぐ横に発見しました。
mine12050816.JPG

井戸の跡なんでしょうか?


大きな地図で見る


スポンサーズリンク
posted by 春之助観光舎 at 23:22 | Comment(0) | 洛西ヒストリカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

京都 大枝の筍 品定めノウハウ集

今日、またいつもの筍農家へ「大枝の筍」を買いに行きました。
自分の家で食べるためのものだったので、1000円台予算で合計に2本購入したところ、地面から頭を出した「佃煮にでもしてください」というオマケ品を1本もらい、合計3本になりました。

そのついでに、美味しい筍を買うためのノウハウを聞いてきました。

1.雨後の筍というけど、ほんとうは蒸し暑い朝が一番筍が出る。たくさん出れば値段は安くなるそうです。

2.雨が降った日の筍は実に色白の筍になるそうですが、味的にはあまり変らないそうです。晴れの日が続いて地面の中が乾くと、少し色は黒っぽくなってくるらしいです。

3.筍の豊年かどうかは、前の年の夏に雨がたくさん降ることが大事で、その翌年には豊作で美味しい筍がたくさんとれるそうです。

4.採れた筍の中でも最高級品は、全体の長さが30センチくらい、重さは1キログラムくらいで、筍の根の部分、つまりお尻の部分がふっくらとしているものだそうです。そういう最高品質のものの相場は1本3000円くらいするそうです。もちろん筍がまだ地面から出ない間に収穫されたものです。

5.逆に地面から出てしまった筍は、大枝では「佃煮用」として扱われるそうですが、人によっては歯ごたえがあるので、こういうものを好む人もいるということでした。
スーパーで見たら、そんな地面から出た筍を500円で売っていました。
でも筍農家なら、多分2000円前後買ったら、こういうオマケの筍をタダでいただけることがあります。

この日の、この筍農家さんの庭先にはこんな感じに並べられていました。
ずいぶん大きなものがありますが、一級品には入っていますが、大きければ良いというものではないそうです。あくまでも30センチくらいのものを狙った方が美味しいということです。
take1204291.JPG
逆に小さい筍は皮が多くて、食べる部分が小さくなってしまうから、そういう意味では大きめがいいかと思います。

バスケットの中の皮の茶色が濃い筍は、地面から顔を出したものです。
take1204292.JPG

今年の筍収穫は5月連休明けくらいまでだと言っていました。
だから今日(4月29日)から一週間後くらいまでは、まだ筍シーズンです。毎年そうだとは限りません。見極めは京都 洛西に咲く 山吹の花が咲き始めから散りに入る間です。その時期が大枝筍ショッピングの最適時期でしょう。


大きな地図で見る


スポンサーズリンク
posted by 春之助観光舎 at 18:04 | Comment(0) | 洛西でできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

京都 大枝のたけのこ 4月17日 初回購入

平成24年の大枝たけのこは、冬の寒さが響いて少し遅れ気味らしい。
それでもようやく旬の時期を迎えたようなので、今年初めて買いました。
take12041701.JPG

これで全部で1000円!
相場よりかなり安いと思います。
安かったのには理由があって・・・
・洛西ニュータウン近くの農家玄関先で売っているところに狙いを定めて買いに行ったため。いかにも「筍販売所」というお店よりいくぶん安いです。
・贈答用に1万円を超える筍の発送を依頼し、ついでに家庭用も買ったから。総額が大きいとオマケしてくれるところもあります。
・写真左の3つのたけのこが1000円分のたけのこ。右のたけのこはさらにオマケのたけのこです。
左は土の中に埋もれたものを掘り出した一流品。右は既に地面から顔を出したもので、大枝では顔を出したたけのこは、格安あるいはオマケ用になる場合も。。味的にはまったくOK!

多分5月初旬までは、買い時でしょうか!

場所は京都市西京区の「洛西ニュータウン」の西側。工事中の高速道路「にそと」と京都縦貫道が出会う「沓掛インター」のすぐそば。

大きな地図で見る


スポンサーズリンク
posted by 春之助観光舎 at 11:33 | Comment(0) | 洛西でできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。